お客さんの不安

お客さんが「今日の担当は新人」と解ったとたんにどう感じるか、というのはそのお客さんとその美容室のこれまでの関わり具合によると思われます。たとえば始めて来店した美容室で、いきなり今日のシャンプーは新人アシスタント、と解った時には「いきなり新人に担当させるの?」と不安になってしまう事でしょう。それはこれまでその美容室とそのお客さんとの間にはなんの信頼関係も無いから、と言えると思うのです。ですがもう何年もお世話になっている美容室で「今日は新人に担当させます」となった時には、そのお客さんはもはやその新人のアシスタンとの事を、美容室の先輩同様に微笑ましく思えるかもしれません。それは長くその美容室に通い続けいている事で、他の美容師たちの成長もこれまで自分が見守ってきた、という気持ちがあるからではないでしょうか。ですから新人のシャンプーを受け入れる気持ちの余裕があるんですよね。これが初来店の場合だと、そもそもこの美容室や美容師の様子を探っている段階ですし、自分もドキドキしているのに、さらに担当が新人だと解るとその気持ちはさらにアップしてしまうのは当然でしょう。ですから美容室側としても「このお客さんなら受け入れてくれる」というぐらいの余裕のある常連さんの時に新人を担当させるのもひとつのやり方だと言えるでしょう。

新人の緊張感

新人の皆さんが初めてお客さんのシャンプーを担当する、というのは緊張するに決まっています。新人だから仕方がない、と思ってくれるお客さんも多いかもしれませんが、時には「いくら新人でもプロなんでしょう?」というような態度をされる事もあるでしょう。人の緊張と言うのは周囲に伝染したり不快な思いをさせる結果となってしまう事もしばしばあります。ですからそういった負の連鎖を産まないためにも、新人をいつ、どのようなおきゃうさんに対して担当させるか、という判断が重要になると思うのです。普段から厳しい常連のお客さんに対してまだ緊張が取れない新人を担当させる、というのは少し無謀ですよね。デビューでいきなりお客さんから怒られてしまったりしては、その後のその新人のモチベーションにも左右してくる経験となります。美容師の仕事は新人であってもベテランであってもやはりお客さんに「ありがとう」と言ってもらえる事が一番の遣り甲斐となる様です。ですからそれとは逆の反応をお客さんがする、という事は逆にとても辛い経験となってしまうに違いありません。自信を無くす新人も出てくるかもしれません。ですからできれば新人に対してきっと寛容であろうお客さんに対して担当させるとか、本人が必ずできる、と自信を持つことが出来たタイミングで担当させる、などの配慮が必要でしょう。

今日明日行けるサロン

ヘアケアはカラーによる退色を抑え、髪質に合わせて必ず満足な仕上がりに
吉祥寺にあるヘアサロン
歴史と伝統のある理容室ならではの技術・接客に新たな文化が交わりパワーUP!
上福岡にある床屋
訪れたすべてのゲストに心づくしのサービスで特別な時間を提供
溝ノ口にある美容院