ショートカットは涼しいか

多くの人が夏のヘアスタイルと言えばショートカット、と思っているのではないでしょうか。そして実際に夏に向けて「暑いから髪をショートカットにした」という人は多いものです。ですが最近の日差しを考えるとショートカットにして首元が出ているのは、そこにあたる陽射しでかなり体力を消耗されそうです。夏用のマフラーを巻いたりしている人をよく見かけます。そうなると首の後ろが隠れるぐらいの長さは有った方が良いのではないか、という事にもなりそうですね。またショートカットにしてしまうとアレンジが効かない、という事もあります。せっかくおしゃれをしたいけれども、ショートカットにしてしまうとどうしてもそのヘアスタイルありきのファッションしか楽しめなくなってしまいそうです。もちろん夏ですから涼しげなファッションをするためにもショートカットが良い、という事もあるかもしれませんが、少しフォーマルな場で会ったり女性らしさを強調したい、となるとやはりある程度髪の毛の長さが合った様がバリエーションを楽しむ事が出来るでしょう。暑さに関して言えば短くしているから耳や首元にまとわりつかなくて良い、という事もあるかもしれませんが、できるだけ肌を出さない方が暑くない、という事も言えるかもしれませんし、難しいところですね。

夏の見た目

夏になると自分自身が涼しく過ごせるかどうか、という事も考えなければなりませんが、「人が見て暑苦しくないか」という事も考える必要がありますね。バスの中などで周囲の人を見ると時々「暑苦しく見える」という人がいますよね。長い髪の毛が汗で首元等にまとわりついている様を見るのは失礼だとは思いながらも気持ちの良いものではありません。きちんと束ねればよいのに、切ればよいのに、と思ってしまいます。そういった夏のエチケットとして周囲の人に不快な思いをさせない、という事があると思うんですね。ですから特に女性の皆さんは長い髪の人や中途半端に括ることが出来ないミディアムヘアの人は気を付けた方が良さそうです。また男性の皆さんは夏は汗をかきやすいですし、もともと男性は皮脂量が多いと言われていますから、脂ぎったような髪の毛とかフケの多い頭皮と言うのは夏場は思っている以上に周囲に不快な感じを与えてしまいます。それに加えて臭いの面でも気を付けたいところです。汗をかいたまま放置していると頭皮から匂いが発生する元になってしまいます。できるだけ雑菌の繁殖を防ぐためにもこまめなにシャンプーをするなど他の季節よりもヘアケアに気を付けた方が良いですね。もちろん女性にも同じことが言えます。

AWARD SALON

あなたの「なりたい」を叶える技術
武蔵小杉にある美容院
おもてなしをお手頃価格で何度でも体験できるサロン
調布にある美容院
訪れた全てのゲストに心づくしのサービスで特別な時間を提供
矢場町にある美容院